September 29, 2007

『プレイ-獲物-』(マイクル クライトン)

マイクル・クライトンの作品は、大ヒットした映画ジュラシックパークでも分かるように、科学に関するしっかりした知識に基づいたものばかりなので、「これあり!」と思うものばかりだ。この本は、ナノテクノロジーとバイオテクノロジーの未来の可能性から物語にしたものだけど、すぐに現実になりそうなので読んでいくととても怖くなる。似たもので真っ先に浮かぶのはターミネーター2。あの映画では変幻自在に変身する仕組みが分からなかったけれど、いわばこの本に出てくるやつはその仕組みの面白さが中心だ。面白い本で、一気に読んでしまうオススメだ!




"プレイ-獲物-(上)" (マイクル クライトン)

No comments: