December 28, 2009

アリシア・キーズ『The Element of Freedom』はまずまず

Alicia Keysの新しいアルバムが出たばかりだ。CDショップでも力を入れているのかコーナーを設けてるところもある。
前作の『アズ・アイ・アム』(アリシア・キーズ)はとても気に入ってるので期待していた。iTunesで視聴し、CDショップでも2回視聴したけど、実は購入には踏み切らなかった。花が無い or パッとしないという第一印象だったからだ。だが、何度も聞いているとやはり彼女の歌唱力のすばらしさで次第に取り込まれ、American Music Awards 2009を見て確信し、お買い上げ。聞けば聞くほど味が出てきている。


"The Element of Freedom" (Alicia Keys)

BMWのミュージック・コレクション機能

「BMW 2009年モデルの1シリーズ、3シリーズから新しくなったiDriveの音楽機能」というエントリーでGRACENOTEという楽曲のデータベースをディーラーで更新してもらえば新しい曲もCD読込みの際に曲名等が表示されると書いたが、うちのディーラーさんは分からないという回答だった。あっさりこう回答されてがっかりなんだけど、いけてないディーラーさんはおいておいて、ネットで調べてみると、iTunesからCD焼く時に「CD-Textを含める」という項目を選択しておけば、曲名等も一緒に取り込んでくれるということが分かった。さっそく試してみると確かにうまくいった。新しいCDはこういう方法をとらないといけないというのは面倒だけど、CD-Rは高くないしまあいいかということで。

レディー・ガガにはまってしまった

Lady Gagaは天才的なアーティストじゃないかと思ってしまった。"The Fame" (Lady GaGa)"The Fame Monster" (Lady GaGa)という2枚のCDでハズレの曲は無い。全ていいと思う。
American Music Awards 2009の録画が先日NHK BSで放送された。その中のLady Gagaのパフォーマンスがこれまたすばらしい。このパフォーマンスにつられて、iTunesにあるビデオクリップを全て買ってしまった。


"The Fame Monster" (Lady GaGa)

October 31, 2009

マイケル・ジャクソンの映画『THIS IS IT』は見応え十分

『THIS IS IT』を見てきました。とても良かった。正直言ってマイケル・ジャクソンの曲は『スリラー』『ビリージーン』『ビートイット』くらいしか興味ないんだけど、映画の予告編を見ていてこれは良さげということで行ってみたんだけど、予感は当たっていた。
コンンサートのリハーサルシーンを中心に、共演するダンサーやミュージシャンの亡くなる前のインタビュー映像や、コンサートで使う予定だった映像、そしてリハーサルでマイケルがアイデアを出しながらショーを作り上げて行く様子は見応え十分。どうせリハーサルの映像だから音も歌も手を抜いてると思いがちだが、そんなことはない。見事な演奏、見事なダンス、見事な歌。マイケルの歌唱力のすばらしさもまざまざと見せてくれる。
マイケル哀悼の映画ではない。コンサートの予告編、メイキングのような映像からは、マイケルのひととなり、ダンスのうまさ、エンターテイナーとして本当にキングだったのであろうというすばらしさが伝わってくる。『ビリージーン』用に何やらすごい衣装も準備されていたようだし、亡くならずコンサートが行われていたらそれはすごいコンサートになっていただろうと感じられる。


"マイケル・ジャクソン THIS IS IT(1枚組通常盤)" (マイケル・ジャクソン)



October 12, 2009

毒沢鉱泉 神乃湯


毒沢鉱泉 神乃湯
Originally uploaded by ninomiya
諏訪大社にお参りした後は、毒沢鉱泉 神乃湯に日帰り入浴。
うっそうとした森の中にあるこの旅館は古風な中にも現代的な味があるインテリアでいい感じだった。
温泉は、無色透明の鉱泉が加熱することで茶色に変色する。鉄分が多いのでしょう。飲むこともできたので試してみると、にがい!
湯船は二坪もないくらいで、5人くらいで満員かな。お湯加減は最高でした。

諏訪大社にお参り


諏訪大社秋宮の紋
Originally uploaded by ninomiya
姪の安産と息子の高校受験合格を祈りに諏訪大社まで足を伸ばしました。
諏訪大社秋宮は予想に反して敷地も建物も小ぶり。ご利益はどうでしょう。10年以上前に行ったのは本宮なのかな。

October 03, 2009

ボズ・スキャッグスの『ミドル・マン』

タワーレコードを覗くと輸入盤1000円セールがあり、そこにボズ・スキャッグスの『ミドル・マン』があったのでおもわず購入。
約30年前のAOR全盛時代のなかで代表されるのがこの一枚だろう。当時、大学の同級生がこのアルバムを持っていて、よく聞いた。iTunesでこのアルバムの代表曲は購入していたし、持っているベストアルバムにもなかの曲は入っていたのにこのCDを買ったのには理由がある。下の写真のジャケットが大好きだからだ。知っているアルバムのジャケットのなかでもベストに近いと思っている。女性を膝枕に目を閉じタバコの煙をふっと吐くオールバックの男(ボズ・スキャッグス)がかっこいい。それから背景のグリーンの色の美しさ。この写真からは分からないが裏面と一体になっていて、裏面で女性は真っ赤なレオタードのような形をしたレザー地の服を着ている。その緑と赤の対比も絶妙なのだ。
夕べはこのCDを聞きながら寝てしまった。ただし膝枕の上ではなかったが。

"ミドル・マン" (ボズ・スキャッグス)



September 26, 2009

成功しているwebサービスはクラウドソーシングに類するものであろう

ハヤカワ新書の『クラウドソーシング―みんなのパワーが世界を動かす』(ジェフ ハウ)はとても参考になる本であった。
クラウドソーシングとは、「群衆の知恵で大きな物事を解決しようとしている」活動の場だけど、その種類は多岐にわたる。本書ではオンラインのTシャツ屋から写真ストック、あるいはSETIまで例として取り上げられている。自分なりにこの類いに含んでいいと感じているのは、携帯小説、クチコミサイト、あるいはオークションだ。細分化した情報単位で見れば対したこと無い、あるいは一見役に立たないものばかりだけど、全体のムーブメントは世の中に影響を与えるほどの価値を見いだされている。今後のwebサービスもこの方向が必須になるのではなかろうか、クラウドソーシングのエッセンスが入ってないwebサービスは役立つものだったとしても主役にはなり得ないような気がする。


"クラウドソーシング―みんなのパワーが世界を動かす (ハヤカワ新書juice)" (ジェフ ハウ)



September 22, 2009

安曇野市「ギャラリー牧ヶ原」

安曇野市にある「ギャラリー牧ヶ原」では、鉄や銅を素材とした作品や絵画、備前焼、家具、ステンドグラスなどがゆったりした空間の中に展示されている。
なかでも気に入ったのは花嶋美代子さんの油彩だ。油彩なので気軽に購入できないのが残念だったが、花の絵は女性らしい感性が伝わってきて思わず欲しくなってしまった。
購入したのは、アトリエ小市さんの銅製のローソク立て。カエルがぶら下がっているのがユーモラスでかわいい作品です。
入館料があるので躊躇してしまいそうだけど、飲み物付きだし、最高級のオーディオから流れるBGMを聞きながら写真のすばらしい風景を満喫できるので全然高いとは思わなかった。

ギャラリー牧ケ原



September 01, 2009

wikiよりも手軽にページを作れる「Writeboard」

webサービス「Writeboard」はwikiの類だけど、記述文法がとてもシンプルなのでITリテラシーの高くない人でもちょっとwebのページを一枚作りたいときには手軽に使えそうだ。

書式には、大見出し(H1)、中見出し(H2)、太字、斜体字、箇条書き、番号付き箇条書き、インデントの指定ができ、そのほかにmailtoも含めたリンクや外部サイトにある画像の表示もできる。

編集権限を他人に与えることもできる。こういうコラボ機能はネットを使った文書作成では欲しいところだ。バージョン管理もしてくれるので、誰かが間違って編集しちゃっても元に戻せる。



ただし、どうも日本語に対して問題があるようだ。書式(文字に飾り)をつけた文章は2行続けてだと、2行目が正常に表示されない。飾りをつけない文章だけならページ名も含めて問題はなさそうなので、ノート用ツールとしては問題なく使える。

August 23, 2009

『ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 [DVD]』

音楽はCDで事足りるけど、アーティストが動いている姿とともに音楽を楽しみたい時や、ライブの映像を楽しみたいときには音楽DVDがいい。今回購入したのは、ポール・マッカートニー全盛時代の映像が含まれるDVDだ。 私が考えるその全盛時代とは、『バンド・オン・ザ・ラン』『ヴィーナス・アンド・マース』という2枚のアルバムの前後。ウィングスというグループ名だったね。ちなみにポール・マッカートニーから興味が離れたのは『エボニー・アンド・アイボリー』だった。最低な曲だと思っている。DVDの一枚目の最後の時期がこの“大嫌いな曲”までのPV。2枚目がその後、そして3枚目はライブ映像だ。なので2枚目には全く興味はない。3枚目の冒頭は、その全盛期のライブ映像で必見。かっこいいね。ちなみに、1枚目の『セイ・セイ・セイ』には若かりしマイケル・ジャクソンも出演している。



"ポール・マッカートニー・アンソロジー 1970-2005 [DVD]" (WARNER MUSIC JAPAN(WP)(D))



August 22, 2009

楽しければいい、映画「ナイトミュージアム2」

妻子にあんな映画見るのと冷ややかに言われつつ楽しんできました、映画「ナイトミュージアム2」。ストーリーは前作の続きなので、無いに等しいけど、ドタバタがいいじゃん。それに、愛を感じるんだなこの映画には。暖かく包んでくれそうな愛が満ちている。
今作では、エイミー・アダムズがとても奇麗だし演技も良かったんじゃないかと思う。この女優、映画「魔法にかけられて」の主演でしたね。
さらならる続編はなさそうなエンディングだったけど、とても癒されてエンドロールまで楽しむことができた。

August 18, 2009

東御市の「アトリエ・ド・フロマージュ」でランチ

今日は、アトリエ・ド・フロマージュのイタリア料理レストラン「リストランテ フォルマッジオ」でランチ。自家製チーズで有名な店ということで行く前はチーズの味が強いのかと思いきや、隠し味にうまく使っている感じでとても美味しかった。
写真はランチコースの「パスタで選んだ千代幻豚のラグーと自家製チーズ、トマトソースのスパゲッティ」。前菜もおいしかったし、デザートも甘みをおさえたあっさりした味で良かった。
グルメガイドの「ザガットサーベイ」長野県版で人気のある店ベスト20にも入っているようである。レストランからの眺めも最高。あいにくもやっていて遠くの山並みまでは見えなかったけど、寒い季節なら圧巻の眺望とともに料理を堪能できるのではないだろうか。

リストランテ フォルマッジオのパスタ



August 15, 2009

久々の益子でお買い物

先週益子に行ったのだけど、前に行ったのは10年以上前だろうか。手前の笠間は3ヶ月に一度は行ってるけど、そこからさらに30分以上はかかるのでどうしても笠間までとなっていた。
まずは、「つかもと」。笠間と言えばこの店なわけだが、久々に行ってみて本館の方の作品はまるで土産物なのでパス。しかし、ギャラリーで阿久津雅土さんの藍色(瑠璃釉)が気に入ってしまった。まさに藍色という色と、花瓶の形がとてもいい。大皿と香炉を購入。
これまで益子をぶらぶら歩いたことは無かったけど、電柱も撤去されて街並が整備されているのに誘われて何軒か覗いてみた。結構笠間の店に置いてある作家のものもあり、笠間と益子の距離的な近さを感じるが、いかにも益子焼というのは多いのはしかたないかもしれない。
写真は、G+OO [ G plus two naughts HOME ]というモダンなギャラリーで見つけた25センチくらいの皿。伊藤丈浩という作家らしい。伝統的な益子焼の雰囲気を現代的にしたセンスはすばらしいと思う。写真からは分からないが、茶色の部分は黄色が混ざっているところも味があって良い。
この二人の作家の作品に出会えたのは収穫だったけど、笠間の方が近いしいろんな作家の作品がそろっているので益子まではやはり行きにくいなあ。

伊藤丈浩


August 11, 2009

『宇宙をプログラムする宇宙―いかにして「計算する宇宙」は複雑な世界を創っ たか?』(セス・ロイド)

この本の著者が言いたいことは訳者の次の短い文で示すことができる。
「宇宙はそもそも計算する力というものを備えている。宇宙開闢とともにその計算が実行されたことで、宇宙という劇のシナリオが描き出されたということだ。」
量子というのはゼロと1で演算して行くデジタルコンピュータと同じような働きをすると見なせる。我々の存在も、我々の行動も感情も、あるいは地球や銀河の成り立ちや破滅までも結局は量子の振る舞いの結果に過ぎない。




"宇宙をプログラムする宇宙―いかにして「計算する宇宙」は複雑な世界を創ったか?" (セス・ロイド)

July 26, 2009

福島県伊達市の熱田神社


熱田神社
Originally uploaded by ninomiya
10年ぶりくらいで訪れた熱田神社は昔とほとんど変わってないようだった。
小学生のとき熱田神社の近くに住んでいたので、この神社が遊びの場所だった。毎日ここに来てたんじゃないかなあ。ソフトボールに、隠れんぼ、ビー玉、それに木登り。今回訪れたときには撤去されていたが、神社の裏にはブランコや滑り台もあった。土曜日の午前中だったが誰もいない。境内は遊びの場所ではなくなってるのかな。
熱田神社のお祭り(長岡天王祭)は、今年は7月23日から25日だったそうだ。今度はお祭りのときに訪れたい。

May 10, 2009

鰹は薬味


鰹は薬味
Originally uploaded by ninomiya
今年は値段が高め見たいだけど、カツオの季節がやってきました。息子も私もカツオが大好物。ということで、9日の夕食はカツオの刺身と、カツオのたたきがメインディッシュ。
写真の右の花柄の皿にもってあるのが、たたき。大根おろし、浅葱、大葉をふんだんにかけてあります。ポン酢醤油でいただきました。
私は刺身のほうが好きなんだけど、刺身の場合に、すりおろした生姜、にんにくのスライスは必須。にんにくが辛いときもあるけど、カツオの味と薬味の風味のハーモニーは格別だ。茗荷なんてえのもいいんだけど、生憎行ったスーパーには置いてなかったので残念。

April 29, 2009

50才になったらシニアなんでしょうか?

シニアコム.JPというサイトが目に留まったのだけど、「50才未満お断り」と書いている。てえことは、今月50才になる私は、もうシニアなんだねえ。シニアが何才からなのか人によって定義は違うように思う。私の感覚では60才からだったんだけど、意外というか愕然というか。まあ、シニア割引という名称で50才からでも恩恵に預かれるものもあるようなので、そこんところは甘んじて活用させていただこう。
例えば、近くのTOHOシネマズでは、夫婦のどちらかが50才で、かつ夫婦で映画を見るときには合計2000円らしい。すばらしい!妻はレディースデーという毎週水曜日は1000円で観ることができるようなので、夫婦セットというのは微妙といえば微妙だがね。

April 14, 2009

『天使と悪魔』(ダン・ブラウン)

映画「天使と悪魔」が間もなく公開されるが、原作は『ダヴィンチ・コード』のダン・ブラウンで、主人公も同じロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)だ。映画の順序とは逆で、原作では『天使と悪魔』の方が先に出版されていたようだ。キリスト教にとってよりショッキングなのは『ダヴィンチ・コード』なので、『ダヴィンチ・コード』の方が先に映画化されたのであろうが、『天使と悪魔』の方がストーリー展開のスケールが大きいし、インディ・ジョーンズばりのロバート・ラングドン教授も『天使と悪魔』の方が上回っている。

『天使と悪魔』では、私の好きな分野である素粒子物理学が大きく関係している。ビッグバンや反物質などについて少しは知っているので、反物質に関するところはどうも納得できないが、まあ最後の大爆発(?)は映画になったらそりゃ魅力的なシーンになるに違いないので映画を期待してしまう。

映画ではユアン・マクレガーが、カメルレンゴ(前教皇侍従)を演じているようだが、ぴったり。原作で表現されているキャラクターそのもののようだ。

原作で一番残念だったのは、イルミナティの扱いだ。もっとどろどろと絡んでほしかった。

とはいえ、原作が面白かったので映画に期待したい。







"天使と悪魔 (上) (角川文庫)" (ダン・ブラウン)

March 25, 2009

『神器―軍艦「橿原」殺人事件』(奥泉 光)

かなり前になるけど、『グランド・ミステリー』という同じく奥泉 光作で、やはり同じく戦争時代を舞台設定にしたミステリーを読んで悪い印象は残っていないので、この『神器―軍艦「橿原」殺人事件』を購入して読んでみたが…、

本を手に取る前にイメージしていたのは本格的なミステリーだった。上下巻で合計1,000ページにもなろうかという大作で、かつ太平洋戦争の軍艦上での話なので出てくる漢字に難しいものが多いという難関なんだけど、一気に読んでしまう期待感はずっと最後まであった。しかし、ミステリーというよりも、終盤はオカルトのようなストーリーになっていた。エンディングは急に駆け足になり、あれよあれよと訳の分からない展開で終わってしまうのも納得できない。
太平洋戦争、天皇、神器、日本人に対する作者の思いがあるのか、特にかなりのページを割いて太平洋戦争論が明らかに語られている。この本を買うきっかけになった朝日新聞の書評を改めて読み直してみると、作者は「自分が今生きているこの時代をとらえたいと思ったとき、日本の近代の転換点となったアジア太平洋戦争を避けては通れない。自分たちの歴史をどう描くのかという問題に直面したとき、私は歴史叙述ではなく、小説という形で繰り返しことばによって対象を測りながら経験化していこうと思ったのです」などと語っている。しまった、これはミステリーではなかったのだ。
太平洋戦争をこういう見方もできるのかという視点で捉えれば、まあふむふむという発見はあることはあるけど、こんな本にしなくても「いいんじゃね」と、“毛抜け鼠”になってしまう。




"神器〈上〉―軍艦「橿原」殺人事件" (奥泉 光)

February 21, 2009

「危険な香りの1シリーズ――BMW 135iクーペ」だそうだけど…

+D Style モテるクルマの選び方:危険な香りの1シリーズ――BMW 135iクーペ (1/2) - ITmedia +D Styleという記事が目に留まったけど、気になる点が二つ。

その一。写真の色が違う。こんな赤じゃない。逆に言えば、特徴的な赤なんですねえ。オレンジのような、茶色のような赤です。魅惑的。

その二。加速がすごいと書いてるけど、写真にあるような都心部で135iの加速をフルに実感できるわけが無い。街中ではアクセルはとてもとても控えめです。信号待ちで前の車があったて、マジで加速したら絶対に追突。

February 19, 2009

『ブラックホールで死んでみる―タイソン博士の説き語り宇宙論』(ニール・ドグ ラース・タイソン)

いったいどんなことが書かれてるんだ?と、思わず手に取ってみたくなるような巧みなタイトルがついた本書だけど、難解な本ではなくむしろ科学に面白く、分かりやすく興味をいだかせてくれるようなエッセイ集のような本だ。
その中の一つの話として、ブラックホールで死のうとしてみたらどういうことが起こるのかというのがある。簡単にいえば、頭の方と足の方が次々に分割されて行き粉々になるそうで、難しい説明は無しで読みやすい。

例えば…
アンドロメダ銀河は、我々の住むこの銀河にものすごいスピードで近づいてきており、70億年後にはぶつかるらしい。衝突が始まる前には星空に大きくアンドロメダが見えるようになるというのは魅力的だけど、この大衝突はそれぞれの銀河全域に多大なる影響を与えるのでロマンチックでいられない。まあ、それ以前の今から50億年後には太陽の寿命が終わり、地球は蒸発してしまうらしいから、我々の子孫がそのまま地球に住んでいても地球上でその大事件を目の当たりにすることは無いようだ。




"ブラックホールで死んでみる―タイソン博士の説き語り宇宙論" (ニール・ドグラース・タイソン)

January 24, 2009

『007/慰めの報酬』は、まずまずのできばえ

ダニエル・クレイグが007を演じる2作目。いきなり前作からの続きから始まる。かっこいいアストンマーチンでのカーチェイスからだ。(高価なアストンマーチンがぼろぼろ。)トランクに入っているのは“ホワイト”だ。
前作はポーカーのシーンの印象が強く、スマートな知的なジェームズ・ボンドのイメージが残っているが、この作品ではアクションシーンの連続、殺人シーンの連続で、ジェームズ・ボンドは殺し屋と化している。仲間が次々に殺されようが、復讐に向けて真っ直ぐ突き進んで行く。
でもアクションシーンは、どうも『ボーン・アルティメイタム』を目指した、いやはっきりいって真似たと思うし、超えていないと思う。動きが速すぎてアクションがよく分からないし、リアリティが薄いし、オリジナリティに欠けるし、迫力が足りない。
さて、ふと思い出すとホワイトは死なずに生き延びた。またこのシリーズに出てくるような予感はする。そして、ダニエル・クレイグは、もうやらないような気がする。彼の007は完結してしまった。
というのも、ラストシーンは、何か切なさを感じたからだ。『007/カジノ・ロワイヤル』を気に入っている人、そしてエヴァ・グリーン演じる“ヴェスパー”が誰のために死んだのか知りたい人は絶対に見た方がいい。




"007 カジノ・ロワイヤル デラックス・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]" (マーティン・キャンベル)