October 31, 2009

マイケル・ジャクソンの映画『THIS IS IT』は見応え十分

『THIS IS IT』を見てきました。とても良かった。正直言ってマイケル・ジャクソンの曲は『スリラー』『ビリージーン』『ビートイット』くらいしか興味ないんだけど、映画の予告編を見ていてこれは良さげということで行ってみたんだけど、予感は当たっていた。
コンンサートのリハーサルシーンを中心に、共演するダンサーやミュージシャンの亡くなる前のインタビュー映像や、コンサートで使う予定だった映像、そしてリハーサルでマイケルがアイデアを出しながらショーを作り上げて行く様子は見応え十分。どうせリハーサルの映像だから音も歌も手を抜いてると思いがちだが、そんなことはない。見事な演奏、見事なダンス、見事な歌。マイケルの歌唱力のすばらしさもまざまざと見せてくれる。
マイケル哀悼の映画ではない。コンサートの予告編、メイキングのような映像からは、マイケルのひととなり、ダンスのうまさ、エンターテイナーとして本当にキングだったのであろうというすばらしさが伝わってくる。『ビリージーン』用に何やらすごい衣装も準備されていたようだし、亡くならずコンサートが行われていたらそれはすごいコンサートになっていただろうと感じられる。


"マイケル・ジャクソン THIS IS IT(1枚組通常盤)" (マイケル・ジャクソン)



2 comments:

atu said...

ビリージーンの完成系、ものすごく観たかった!
ほんと一つ一つ目が離せない映像でうごいよかった〜。このポスターgetしましたよ。

atu said...

ビリージーンの完成系観たかったです〜。シャンデリアと衣装が・・素敵過ぎ。ジャクソンファイブも歌うんですね、口ずさんじゃいました〜。