August 11, 2011

「宇宙は本当にひとつなのか」(村山 斉)

今、私たちはめちゃくちゃ面白い状況に生きている。これまでSFのたわごとだと思っていたような4次元以上の存在や、平行宇宙のような多元宇宙の可能性が物理学者の間で論じられているのだ。
宇宙の挙動を観測していると目に見える物質だけでは説明がつかないため、暗黒物質や暗黒エネルギーの存在が研究結果から明らかになっている。その暗黒物質の候補も古いにかけられつつあり、我々の世界の原子ではなさそうだと本書では明言されている。多次元で運動する物質が我々の世界の重力として現れているのではないかというのだ。
非常にわかりやすく興味深く解説されているのでおすすめ。
死ぬまでに宇宙の世界観が大きくかわっているに違いない。わくわくする。