July 26, 2013

先週から通風でさんざん

先日の3連休、車山高原を4時間くらい歩き、食事はわりと簡素で、でもそれなりに酒は飲んで、足下が冷えて寒いなあと感じたものの靴下を履かずに過ごしていた、ら最終日くらいから右足親指の付け根が痛みだした。この程度のことは時々起こっていたのですぐに治るだろうと思っていたら…

連休明けの火曜日、歩くのが困難なほど痛みがあったので会社を休んだ。この時点では、まあ一日おとなしくしていれば治るものと思っていた。
水曜日と木曜日は痛いのを我慢して出勤。水曜日は歩くのはもちろん電車で出社するのは困難な状況だったので密かにクルマで出社。木曜日は午後から足が腫れて我慢できないくらいになり、金曜日に病院に行くしか無かった。

整形外科の先生によると、通風の発作。尿酸値は許容値をちょっと超えたくらいだが、尿酸値が下がる時に発作が起こることがあるらしい。それに、寒さ等によっても引き起こされるらしく、連休の実態と符合していた。通風を治さないと「関節が破壊されますよ」という言葉は痛いなあ。今度こそは尿酸値を抑えるための治療をはじめないといけない。

金曜日病院に行ってから月曜の朝まで2日半横になってだいぶ良くなった。
月曜日、火曜日とつらいながら会社に出ていたが、火曜日からまたつらい状態になり、水曜日は休んだ。水曜日の夜になって、ついに治りそうに感じていたのだけれど。

木曜日、快調に過ごしていたものの、まだ本調子ではないので本当は残業せずと思っていたが大切な打合せが夜10時まで続いた。会議室が冷房でかなり冷えていたのがいけなかったのか、薬を飲む時間をかなり過ぎてしまったのがいけなかったのか、痛みが再発。
そして、今日金曜日の朝も相変わらず昨晩程度の痛み。

今ここ。