July 04, 2010

Mac OS X Tigerから一層のDVD-RでLeopardにバージョンアップする方法

iPadもiPhone 4もMac OS X 10.5.8以上じゃないとアクティベートができない。
私のMacはPowerBook G4で未だTiger(10.4)なので、こりゃ大変ということでLeopard(10.5.6)に上げることにした。
しかし、問題が二つある。

問題その1
PowerPCはLeopardが最後のOSなわけだけど、すでに販売されていないので、まずは10.5.6を手に入れなければならない。オークションには多数出品されているので高いけどこれで手に入れる等、方法はいくつかあるだろう。

問題その2
10.5.6は7GB以上あり、2層のDVD-R DLに入っている。TigerのころのMacでDVD-R DLに対応している機種は多く無いようなので、これに当てはまる機種ではインストーラーを別のメディアに作る必要がある。私が選んだのは1層のDVD-Rである。
7GB以上あるLeopardのインストールDVDをどうやってダイエットするかという方法・手順は下記のサイトにある。このとおりやればいい。


How to Compress Mac OS X Leopard to a Single Layer DVD | OSX86


DVDもできてインストールを開始すると途中で失敗する。問題は言語環境ファイルのインストールで引っかかるからだ。DVDからは日本語以外のファイルを削除しても、インストールしようとしているMacに日本語以外の環境が入っていると、それをアップデートしようとする。Macから日本語以外の環境を削除する必要がある。
そのためのソフトがMonolingualだ。これを使った後にインストールはうまくいく。
ちなみにMonolingualは元々は不要なファイルを削除してHDDの空きスペースを増やしてくれるソフトなのでインストール時の問題ぬきで役立つソフトです。

No comments: