August 30, 2014

最近ブックオフで古本あさりにはまってる

SF小説が好きで読みあさってるのだが、新刊は文庫本でもそれなりの金額がするし、こだわりなく面白そうなのを読んでいるし、むしろ昔の作家等の方に興味もあるので、古本がいいかなあと思ってる。それにハヤカワSF文庫だと大きな書店でもないとタイトルがそろってないし、絶版も多いのでむしろ古本の方でしか手に入らなかったりする。

つい最近まで知らなかったのだけど、ブックオフだと100円(税抜き)の古本が山ほど並んでいる。文庫本や新書だけではない。ブックオフではセールもよくやってるようで、通常価格の古本文庫本がセールで半額なんていうこともあったので、こういう時は200円くらいでもっと新しい本が手に入る。
100円の値付けがされる本には3種類くらいあるのかなあと思う。1) 日焼けやスレなどで汚れている。 2) 出版がかなり前で古い。 3) 人気などで出版数が多く入手が容易なので在庫もある。 ベストセラーでつい最近まで新聞の広告欄にも出てたような本もあるので、興味を持っていて読み逃していた本が手に入る可能性もある。

ブックオフは普通の古本屋さんとは値付け方が違うのかな? 古本屋さんで並んでいるようなそれこそ古本は少なく、まだ鮮度のあるような古本を取り扱っているようだ。だから、読み逃した本を見つけ格安で手に入れるのにブックオフは適しているということになるのかな。

No comments: